Ⅰペテロ2章13〜25節「職場と信仰―不当な苦しみ?受けつつ生きる」

技術的トラブルでメッセージの最後の10分ほどが録音できていません

2020年5月31日ペンテコステ

私が学生のとき何回か集った聖書研究の交わりで、「就職して、明らかに神のみこころに反すると思われる仕事を命じられた時、どう行動すべきか……」ということが話し合われていました。私はそれを聞いて、違和感を覚え、そこに集うのをやめました。 “Ⅰペテロ2章13〜25節「職場と信仰―不当な苦しみ?受けつつ生きる」” の続きを読む

Ⅰペテロ2章22〜25節、エペソ2章19〜22節「キリストの愛にやすらぎ、いやされ、成長する」

2016年1月3日

昨年の紅白歌合戦を見ていて、不思議に心に残った歌がありました。西野カナさんの「トリセツ」です。 “Ⅰペテロ2章22〜25節、エペソ2章19〜22節「キリストの愛にやすらぎ、いやされ、成長する」” の続きを読む

Ⅰペテロ2章9節「王である祭司として生かされる」

2014年6月22日

「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、
聖なる国民、神の所有とされた民です。
それは、あなたがたを、やみの中から、
ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方の
すばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです」

“Ⅰペテロ2章9節「王である祭司として生かされる」” の続きを読む