士師記13章~16章「孤独なナジル人サムソン」

2017年6月4日

サムソンの身体は驚くほど強いのに、心はどうしてこうも弱いのかと思われます。しかし、それにまさって不思議なのは、彼がイスラエルの民から完全に浮いていたことです。神の御霊に動かされながら、これほど孤独だった人がいるでしょうか。彼がこれほど女性の誘惑に弱い原因は、孤独かもしれません。 “士師記13章~16章「孤独なナジル人サムソン」” の続きを読む